プロミスは審査のときに収入証明証が提出不要なのか調べてみた。

プロミスでは条件を満たせば収入証明はないでOK!

 

大手消費者金融の中でも昔から多くの利用者がいるプロミスでは、申し込みをして審査に通過することで即日に融資をしてもらうことが出来ます。

 

審査では様々な項目をチェックし、必ず個人信用情報機関に記録されているデータベースを参照し、過去に金融事故を起こしていないか、現在他社からいくらキャッシングをしているのかなどを調べます。

 

しかし個人信用情報機関に記録されているのは借り入れの実績であり、申込者がどこの会社で働いていていくら年収を稼いでいるのかを知ることは出来ません。

 

プロミスの申込書には、勤務先や年収額を記入する欄があり、その申込書を頼りに審査を行うのですが、プロミスからしてみればその情報が本当に正しいのか把握することが出来ません。

 

そこで勤務先については在籍確認電話をして、本人が働いていることがわかればそれでOKなのですが、年収額はそうも行きません。

 

 

在籍確認電話はあくまでも個人名を使って本人を呼んでもらうだけですので、「年収額はいくらでしょうか?」などとは絶対に聞くことはありません。

 

つまり申込者がどの程度の年収があるかを判断するのは申込書が頼りであり、プロミスとしてはそれを信じるか無いのです。

 

このことから原則的には収入証明なしでお金を借りることが出来るのですが、場合によっては収入証明書類の提示を求められることがあります。

 

基本的に少額でしたら所得証明書が不要ですが、50万円を超える借入時には必ず収入証明書の提示が必要となりますので、給与明細書や源泉徴収票などを用意しておきましょう。

 

また他社借り入れ額と合わせて合計100万円を超える場合にも収入証明書が必要となります。

 

そして先ほど少額でしたら収入証明書不要と書かせていただきましたが、50万円未満の借り入れでも、プロミスから提示を求められたら必ず用意しなければいけませんのでご注意ください。

 

50万円未満で収入証明書が必要になる判断は公表されていませんが、例えば申込書に不備があったり、明らかにウソの記述があった場合などとなります。

 

 

それ以外の場合、50万円未満でしたら運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類一点で全ての申し込みを完了させることが出来ます。

 

ただし本人確認書類のみでOKなのはサラリーマンやOL、アルバイト、パートなどの場合に限ったことであり、自営業者や個人事業主の場合は融資金額に関係なく必ず収入証明書を提示しなければいけません。

 

主に確定申告書の写しを求められますので、手元に無い場合には事前に用意しておくようにしましょう。

 

このようにプロミスでは収入証明書は原則として不要ですし、お金も申し込みした日に受け取ることが出来ますので大変便利でオススメです。

 

どうしてもその日のうちにキャッシングをする必要がある場合には、万が一のためにも収入証明書を用意しておくと確実かもしれません。

 

収入証明書が無いという理由で当日中の融資を見送られてしまったら大変ですからね。


イオンアシストプラン

融資まで来店不要!

他社からの借り換えもOK

 

 

イオン銀行カードローン

原則14時までの申込は即日回答